一緒に旅行しましょう

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

お金を差し上げますという言葉につられお金助けて掲示板を利用
「おじさん、私といくらでHしたい。」初めてそんなことを聞かれた。彼女との出会いは人気が多い駅でした。たくさんの人の中で私に声をかけてきた彼女。すけべなおじさんにでも見えるのかなと思いました。「私には妻がいるからそういうことはしない。」すると彼女は残念そうな顔しながら自分のお腹を撫でていました。それを見て気づきました。彼女は妊娠している。「妊娠しているの。」「している。お腹の父親の子が逃げちゃうし、降ろしたくてもそのお金がないから今援交募集をしてお金を貯めてるの。」援交募集しているという彼女だけど、お腹の膨らみからして妊娠何ヶ月と聞くと、妊娠7ヶ月と言うのでもう下ろせないよと教えました。すると彼女は焦った顔をしていました。私は支援センターに掛け合ってみたらどうとアドバイスをしました。悩んでいる彼女の姿を見てただ口だけで終わらせるのは簡単なことだけど私はこれも何かの縁だと思い彼女を助けようと思い一緒にその支援センターを探し無事に彼女は保護されました。
それから半年が経った頃、彼女から久しぶりの連絡があり久しぶりに会いました。子供は無事に生まれ里親に渡したと言うのです。それを聞いて少し安心をしました。半年ぶりに会う彼女はとても元気そうに見えたけれど、私は逆に妻と離婚をし寂しい生活を送っていました。すると彼女は私にこまめに連絡をかけてくれたり、私が料理をするのが苦手と言うこともあって料理を作りに来てくれたりと彼女のおかげで助かりました。「お腹の父親があなたみたいな人だったら里親に渡すこともなかったのに。」そんな彼女を私はぎゅっと抱きしめ彼女も私を抱きしめお互い寂しさを埋めるように一緒になりました。
パトロン募集掲示板
パパ活掲示板
パトロン募集掲示板

I BUILT MY SITE FOR FREE USING